サガツクキモノ

補正でこんなに変わる?着物の着付け方法は?

着物を着る時に、多くの場合、補正下着を使ったり、タオルをまいたりして、体型を補正します。補正は、着崩れ防止と着物本来の美しさを活かす着方をするために行われます。基本的に直線でできている着物を、曲線の身体に合わせるので、身体の凹凸の激しい人は余分なしわができやすくなったり、着ているうちに位置がずれたりしやすくなってしまうからです。

身体を直線的に見えるようにするために、主に補正する場所は、バスト周りとウエストのくびれ部分、ヒップのでっぱりの上のあたりです。胸が大きい場合は、上から押さえつけるようにしてなだらかになるようにします。そのままだと帯の上に胸が乗っかってしまう形になり、見苦しくなってしまいます。ウエストとヒップ部分の凹凸が大きい場合は、できるだけ寸胴に見えるように直し、安定させます。

補正下着や用具は市販されているので、それを利用することもできます。また、タオルなどをそのまま使ったり、簡単に手作りすることもできるので、工夫してみましょう。人の身体はそれぞれなので、上手に微調整し、楽で、美しく着こなせる、自分なりの補正を見つけてください。